静岡の高校受験の特徴

静岡の高校受験なら!受験合格NAVI

静岡の高校受験の特徴-塾や家庭教師を選ぶテクニック

静岡で塾選び、家庭教師選びをするには、まずはその受験の仕組みを理解しましょう。

静岡県では、私立高校は少し見劣りしてしまうのが現状の為、公立高校を第一志望とする人が多い傾向にあります。 静岡での高校受験とは-静岡の家庭教師

公立高校の入試対策を考える場合には、入試の仕組みを理解することが大切です。
具体的には、「内申書が高校受験にどう影響するのか?」「選抜にはどのような形式があるのか?」「科目別の出題傾向はどのような感じなのか?」などです。
ですから静岡で高校受験をするのなら、それらの特徴をしっかりと理解しておくことが大切でしょう。

静岡の高校受験の特徴としては、1回の選抜の中で各学校が独自に決定する「学校裁量枠」と、静岡県共通の方法による「共通枠」の2つを設けて一般選抜として実施する点かも知れません。

「学校裁量枠」の人数は、募集定員の0~50%が原則で、その割合を「選抜割合」と言います。
選抜方法は、基本的に調査書・面接・学力検査の3つですが、その他に学校独自の選抜資料をプラスすることもあります。
また、共通枠と違って各学校独自の選抜方法で合格者を決定すると言った特徴があります。

一方の「共通枠」の人数は、単純に募集定員から学校裁量枠と特別選抜の合格者数を除いた人数です。
選抜方法は、調査書・学力検査・面接の結果によって合格者を決定します。
ちなみに、調査書では各教科の評定・特別活動の記録・諸活動の記録などを評価しますし、学力検査は国語・社会・数学・理科・英語(リスニング問題を含む)の5教科を実施します。
面接は、集団面接・個人面接・グループ面接の中から各高校が選択して実施します。

静岡で高校受験をするのなら、最低限これらの選抜方法の特徴を理解しておく必要があるでしょうし、それに対応した受験対策を検討することも必要です。


参考サイト:静岡に強い家庭教師派遣会社アズネット
受験だけでなく不登校などの無料相談等も行っている会社で30年以上の歴史があります。 ※特設サイトをオープンしました。静岡の家庭教師aznet
あと、面接をひとつの教科と考えて、対策と事前準備をしておくことなども重要ですね大切です。