静岡の高校受験|偏差値

静岡の高校受験なら!受験合格NAVI

静岡の高校受験|偏差値

偏差値と言うのは、平均点から自身の試験得点がどの程度離れているかを数値にして表したもので、平均点の数値が偏差値「50」になるように作成されます。
また、この偏差値は高校受験において志望高校への合格可能性がどの程度なのかを示すもので、合格が見込める「合格圏」と判断されるかどうかで一喜一憂する要素になるかも知れません。
静岡で高校受験を受ける生徒にとって、偏差値は一番気になることでしょう。

しかし、静岡だけではありませんが高校入試では、単に当日の試験結果だけではなくて、内申書や面接など様々な要素が合格判定に大きく関係してきます。
ですから、一概に偏差値だけで判断することは不可能なので、あまり細かい数値の違いにこだわらずひとつの参考資料と考えるのがベストでしょう。
また、ひとつの目標として勉強のモチベーションアップにつなげると良いでしょう。

ちなみに静岡の高校で偏差値が高いのは、やはり御三家と言われる静岡高校(普通)・清水東高校(理数)・浜松北高校(普通)で70以上です。
ただし、同じ学校でも学科によって多少の違いがあるので、学科ごとの数字を確認する必要があります。
あと70以上の学校は沼津東高校(理数)と富士高校(理数)がありますが、先にも触れたようにひとつの目安となる数字と言うことを忘れないようにしましょう。

いずれにしても静岡の高校受験におけるひとつの目標となる「偏差値」が、様々なサイトで公表されているので、志望校の数字を確認してみることも必要かも知れません。
ただし、その数字に一喜一憂するのではなくて、その数字を目標にモチベーションをアップして勉強には励むと良いでしょう。