高校受験と内申点

静岡の高校受験なら!受験合格NAVI

高校受験と内申点

静岡県高校受験を控えている中学生にとって「内申点」は、高校進学に大きな影響があるので非常に気になる数値になるでしょう。
入試の時に調査書として受験先の高校に中学校から提出されるもので、公立高校は主に内申と入試で合否が決まると言われていますし、私立高校の推薦入学は内申で決まると言われているので当然気になることでしょう。
では、静岡県高校受験を控えている中学生が気にする「内申点」を決める要素は何なのでしょう。

「中間テストや期末テストの得点だけ」と考えている方もいるでしょうし、「主要5教科が大事」と考えている方もいることでしょう。
実は、定期テストや実力テストは内申点を決める重要な要素には違いありませんが、提出物・小テスト・授業への出欠状況・授業態度など様々な要素が総合的に評価されるのです。
また、内申点は9教科の数値を全て合計したものになるので、主要5教科だけでなく技能4教科も大事なのです。
最低限これらのことを理解しておくことが大事です。

次に静岡県高校受験では、「入試時の学力を重視するのか?」それとも「内申点を重視するのか?」が気になることでしょう。
現在の静岡県の公立高校入試制度では、内申重視でも学力重視でもなくて双方をまんべんなくできる人が合格する仕組みになっています。
つまり、「総合力重視」と言えるのです。
これは、面接や調査書が絡んでくるので、第2選抜・第3選抜にも同様のことが言えます。
ですから、「総合力」を重視した受験対策が必要で、内申も学力もアップしていく勉強が必要と認識しておくと良いかも知れません。